男性で自分のペニスサイズに自信が無く、女性とのコミュニケーションに自信が持てなかったり、男性同士のトイレや温泉施設などでも ストレスを感じることがあります。

ペニス増大をさせるためには、手軽に試せるサプリメントや確実な効果がある手術など様々な方法があります。

手術の一例を紹介いたします。

・陰茎周囲の拡大:脂肪組織、自己真皮脂肪移植手術 自己組織化をしのぐため、組織拒絶反応がなくそれに関連危険な副作用から、原則として自由で、移植物質に関する材料費が別にかからなくコスト費用が安くつつ、 外した真皮脂肪組織の厚さがほとんど1cm程度の豊富な量であるため、これを陰茎海綿体に360°に巻いて移植したときの周囲の拡大効果は確実である。

このように自己真皮脂肪組織を移植する陰茎の拡大の方法がいくつかの点で理想的ではあるが、体から真皮脂肪組織をはがし部位に傷を残すには、 致命的な欠点がある。

成形技術を動員して、自国を取り除くもある程度の傷は考慮しなければならない。

脂肪を注入した場合、一般的に75%ほどは、体内で分解してしまうため、大きな効果を期待しにくく、注入された脂肪が一方的に団結し、 表示される様々な塊(Nodule)の形で起因手術後の外観が不自然で、でこぼこに現れまたは丸めた塊の形で現れることが問題である。

費用は10?20万円ほど