メンタルトレーナーの大変な点&やりがいがある点

スポーツ心理カウンセラーという職業を聞いた事がありますか? メンタルトレーナーと聞くと分かる方もおおいのではないでしょうか?? メンタルトレーナーとは国家資格はなく民間団体が認定する民間資格がいくつもあります。

メンタルトレーナーになりたい方が絶対に必要な資格などはありませんが、 心理学をベースにしたメンタルトレーニングに関する専門的な知識や、カウンセリング技術などを備える必要があります。

ではスポーツ心理学カウンセラーの大変な点、逆にやりがいを感じる部分について紹介します。

1.スポーツ心理カウンセラーをしながら専門的に大変な点がある場合はどのような部分があるのか???  選手たちが訴える相談内容の中には選手の個人的な心理的な要因のために発生するものもありますが、 「関係」的な面で困難を吐露する時があります。

例えば、指導者との関係、両親との関係、先輩・後輩の関係などで困難なものがありますが 選手がどんなに自分に有利に考えて、肯定的なことに集中しているなどの努力をしても、環境が変わらない限り、選手が越えるのは 厳しいものがあります。

選手一つの問題ではなく、環境的な部分の変化を要する状況があるときは残念な点があった、 また限界を感じたことありました。

そのような部分が大変な点であると思う。

2.仕事をしながらやりがいを感じる部分は?

毎分やりがいを感じます。

そして、選手たちと目を合わせて選手たちが、その中で解決点を発見したサインを送信するときに、 また選手たちのように設定した目標に集中して、それらが行われるその瞬間にやりがいを感じます。

選手たちはまた、そのような表現をメッセージのようなものを通じて多くくれます。

例えば、代表選抜戦があってそれの目標を一緒に組んで相談を行って本当に国家代表に選ばれるようになって、 その喜びを一番最初に私に知らせる選手がいます。

そんな時私は喜びが感じられ。

そして何よりも私が本当に好きで、 私が選んだこの職業を通して、誰かの役に立つことができること自体が非常に大きな幸福感を与えていると思います。

permalinkRead More Comment Catテーマ《メンタルトレーニング・メンタルトレーナー》の一覧

Leave a Reply