葬儀について考えるようになった。

葬儀や葬式を行うと葬儀費用が膨大な金額になると聞いたからだ。

先の事について考えるのは不幸を招くようで後ろめたい気持ちもあるのも事実だ。

しかし、大きな金額になると聞いたので、大まかな葬儀費用や段取り等を知っておくのは悪くない。

もしもの時は普段以上に冷静に判断できる状況ではないはずだ。

普段から出来る準備はしておいてもいいだろう。

まずはどんな葬儀、葬式があるのかをインターネットで検索してみた。

近年ではお通やや告別式を行わない形もあるそうだ。

またお通やや、告別式がない弔い方の方が増えてきているそうだ。

高齢化が進み大往生の末の寿命の場合会葬者が必然的に少なくなり葬式のみの形になるそうだ。

また家族だけの家族葬という形を取ることも多いそうだ。

人によっては属している宗教で葬式や葬儀の違いが見受けられる場合もある。

自分がなくなってしまえば好きなように葬式を上げられないので生前葬を行う方もおられるようだ。

また自分の葬式について予約できる葬儀場もあるそうだ。

自分がなくなった際に、残された家族友人に迷惑をかけないために、予約の際に式場から香典返しの物品の手配まで行っている方もおられるそうだ。

残された人たちに急な負担を背負わせることなく、金銭面でも先に葬儀費用の支払いが可能なので本人としては安心できるのであろう。

昔とは違いいろんな形で故人を送る式が可能なようだ。

もしもの時にあわてないよう、いろんな情報を収集しておきたいと思う。