学校に登校しないことも認める必要がある

教育を受けてきたその親の世代から比べる

おもちゃメーカーに勤めているEさん42才は、1年ほど前から急に忙しくなりました。Eさんの部署で担当している商品が、小学生の間で話題を呼び、生産が追いつかないほど売れ出したのです。職場にも活気が出て、熱に浮かされているような状態毎晩遅くまで残業をし、土日も返上して働きましボーナス時期には、想像以上の特別報酬がありました。思い切って新車を買おうかとも思いましたがすぐに思い直して、すべて貯蓄をすることに。「今はいいけれど、この先業績が悪化するかもしれないしいつ誰がリストラされるかわからない。これから子どもの教育費もかかるのだから、無駄づかいせずに貯めておこう」。そのため、Eさんの車は今までのまま。
そこまでは、倹約家として立派なのですが、使わないことにしたのです。
子供たちは浩宮様であろうと誰であろう

勉強しているな。

母で事務的なことをしていた。

母さんが迷う場面でしょう。自分に対して倹約するだけでなく、人に対してもお金を他部署にいる友人にお前のところ、ボーナスよかったんだろう。おごってくれよと言われたときも、他人におごる義理はないとばかりに、やんわりと断りました。同じ部署の同僚のように気前よく人の飲み代を払うどころか、飲みに行く回数も減らすほど.Eさんだけが貯め込んでいるという評判が立ってしまいました。
気にせずに働いていたEさんでしたが、しばらくして過労で倒れ、3日間入院お見舞いに来てくれる人も少なく、少し不審に思っていたところ、同僚からあの人はお金があるから、病気しても困らないでしょと言われていることを聞かされました。

母親たちの注目を一身に集めることができます。

学校のそばに住んだことがある。
仲間はお金で買えない財産収入が上がったときに、はどうでしよう。
将来に備えて貯蓄をするのは賢明ですが、すべてガッチリ貯めてしまうのお金は確かに、生活を安定させてくれますが、いくら貯めてもこれで一生困らないとまではなかなかいきません。何か困難にあったとき、人を助けてくれるのは、お金仲間。そしてこの二つを、どちらか一方だけではなく、バランスよく持つことが必要なのです。
Eさんの場合も、貯蓄を数万円減らしてでも、一度友達におごったほうがよかったかもしれません
景気のいいときにはふるまい、悪いときには助けてもらう、ことは、一生涯の大きな財産になります。
そんな持ちつ持たれっな関係の仲間を持つたとえば、リストラにあったときに仕事を紹介してもらえたり、お金を融通してもらえたりと、には具体的に助けてもらうこともあるでしょう。
学校に登校しないことも認める必要がある

勉強するの?

母親に悲しい思いをさせるのは忍びない
そして何かあっても、あの人が助けてくれる
う強い安心感を得られます。これは、お金にはかえられない、仲間だけが与えてくれる力です。
仲間とい経済の先行きが不透明な時期だからこそ、子どもにも次のことを教えておきましょう。
将来の不安をお金だけで解決しようとするのは危険です。
自分だけがいい思いをせず、人と手を取り合っていくこと子どもが友達っていいな
と思えるよう、さりげなくリードしてあげてください。
競争心をあおらないようにしましょう子どもの成績が気になる場合9才の和也くんのクラスでは、算数の授業のとき二つのグループに分かれます。よく理解できている人はA班で、まだわからない人はB班A班は応用問題に進みますが、B班は基礎をしっかりと教わり算数が苦手な和也くんは、いつもB班。でも、お母さんはA班に入ってほしいと思っています塾に行ったら、命に入れるかもしれないよ
行きたくないよ。ボク、B班でいいから
ともくんも、かっちゃんも命なんでしょ?くやしくないの?
「どうして?

子どもは早くから十分に知ってしまっているという

母が心配して
だって、ともくんたちは算数ができるから命なんだよ。ボクはできないもん」
お母さんはお父さんからも説得してもらおうと思いました。でも、お父さんは本人の好きにさせてあげればと言います「せっかく和也にわかるように教えてもらってるんだから、無理に背伸びして命に入ろうとする必要はないよ。それに、和也は本を読むのが好きだから、理数系よりも文系なんだろ、きっと」
子どもにはひとりひとり個性があり、得意不得意があって当たり前、と頭ではわかっていても、実際に成績を見せられると、親としては気になってしまうものです。友達を例に出して、競争心をあおろうとすることもあるでしょう。
子供たちは浩宮様であろうと誰であろう

父親としてパパとして

「こおまけに、んなことで、和也くんのように、友達より下のクラスにいることをまるで気にしていない様子だと、世の中やっていけるだろうか」と心配になるかもしれません。
けれども、ライバル心も大切ですが、世の中に出て困ったときに本当に役に立つのは、友達と仲良くやっていく気持ちです。多くの友達がいれば、お金に困ったときに助けてくれる人も大勢いるでしょう。
それに何よりも友達は、人生を豊かにしてくれます。
ですから、子どもの成績が気になるときは、決して友達と比較しないこと。
はなく、算数がわかると面白いと思わせることを目指しましょう。
負けるのがくやしい
でまた、苦手な科目には目をつぶり、好きなジャンルを伸ばすことに重点をおくのもいいですね。