Press "Enter" to skip to content

ローマ人の風呂の文化はのちに東

数多くの町の中には

ローマから戻ったアンドレアはさらに教会の奥へと目をやると、クーポラ(丸屋根)がある。ただくとして、ではなぜこのような作品が描かれたのだろう。このクーポラの驚くべき仕掛けについては図版で見ていこの聖堂は、聖イグナチウス(イタリア語読みでサンティニャーツィさをたたえるために計画されたイエズス会第二位の教会であり、一六二六年に建てられ始めた。もともと会の認可後100年にあたる一六四年の完成を目指していたが、資金を提供していた枢機卿が亡くなったこともあって建設は遅々として進まず、未完成のまま一六五○年の聖年に一般公開された。当の聖堂は今のところ一部分が完成している。

ローマ帝国がまずやったことはインフラの整備で

それはファサードからアーチ交差部のところまでであり、クーポラが載ることになる。(ジーリによる「DiariRomaniローマの日記]』、一六五○年八月七日の記述。そこには筆者訳)イエズス会はもともと清貧をモットーのひとつとすることもあって、慢性的な資金不足に苦しんでいた。聖堂はクーポラを戴かぬまま、内部でミサをとりおこなっていた(近くにあるフランチェスコ修道会の教会から、日照権を主張されてクーポラの建立がままならなかったという伝説もある)。そこで白羽の矢をたてられたのが、イエズス会の神父で画家,建築家でもあり、地方で遠近法を駆使した作品で名をあげていたアンドレア·ポッツォだった。ミラノに来られるお客さんと話をしていても

ミラノやフィレンツェに直営のショップを出しています

その広場をぐるりとかこむようにパラッツォと呼ばれる中世の大邸宅が隙間無く建っている。邸宅といっても日本でいえば10階建てのビルぐらいの高さの館である。店員にガイドブックがぁこの町の歴史を知りたいと思い、広場に面した小さな書店に入り、りますかと尋ねた。イタリア語しかないけどいいですか?きっと観光地化されていないのだろう。訪れる異邦人に広く浅く町を紹介する英語版のパンフレットがなかったことが妙に新鮮だった。

時たま乗車券の自動販売機の周りをうろつきながら

ヴェネツィア遊廓の詩人なんと甘美で
少し疲れたので、一休みをしようと思いバールに入った。バールでは、カウンターで立って飲むのが一般的で、テーブル席はわずかである。私もイタリア人にならって小さいカップに入った濃厚なエスプレッソを1つ頼んだ。このほろ苦いコーヒーが人生の味なんだと思いながら、この町の歴史について振り返った。ドイツとフランスがイタリアを奪い合った「タリアコッツォの戦い」ドイツ人のゲーテを始め、考えてみれば、せられてきた。
イタリアというのは何とも人間中心の国ではなかろうかと思わざるを得なかった

厳密な許容誤差内で建築されているのです

これは天上を円形の物で支えるという様式で、これ以前の様式では決して見られなかった様式。そしてモザイクからフレスコ画へと流行が移るのでした。モザイクとは今でもプールの底などに見ることができるもので、ガラス片を細かく砕きそれによって絵を描くものです。そしてフレスコ画とは、フレッシュという言葉からきております。なぜならば、キャンバスとなる壁に石膏を塗って、完全に乾いてしまう前に絵を描き、石膏が乾くとともに絵の上に膜を張り、それによって絵画が保護され長期間美色を保つ:とができるという物ですゴシック様式(15世紀から16世紀)紀元後476年西ローマ帝国崩壊の原因となったゲルマン民族。

いかにテラモの町が繁栄していたかが想像できる

イタリアらしい話であるご承知のように
そしてこのゲルマン民族の一派であるゴート人。彼らはなにしろ野蛮と呼ばれる民族でした。当初、新たな建築様式は野蛮だ!と騒がれ、まるでゴート人のようだ!と。よってこの新たな建築様式はゴシック様式と呼ばれるようになるのでした。ミラノの大聖堂などにみるような、天に昇れ昇れとばかりにのびる建築。