Skip to content

イタリア諸都市が自治都市国家コムーネとしての体裁を整えるよりも先に、アマルフィは海路を整備して地中海全域へと乗り出した

イタリアファシズム/ムッソリーニこート·ムッソリー第一次大戦では主戦論を主張し

バーリ通り、ウンブリア通り

お気づきになりましたか?紀元前597年のバビロン捕囚、その言葉にかけているのです。さて、このアヴィニヨン捕囚、またの名をアナーニ事件に至った遠因は教皇庁自身にあるのです。この時代ヨーロッパの大きな勢力と言えば、そう神聖ローマ帝国。800年、カール大帝がローマ法王により帝冠をうけ、さらにその後のオットー1世が帝冠をうけたことにより誕生した神聖ローマ帝国。しかし時を経て、神聖ローマ帝国と教皇の意見相違が絶えなくなるのでした。

やっぱりタイのお土産と言えばこちらです!

イタリアに辿り着くまで描いた一大叙事詩

そして神聖ローマ皇帝憎しのあまりホーヘンシュタウフェン家を滅亡させ、シチリア王国をフランス王族に領有させ、神聖ローマ帝国を大空位時代にしてしまったためです。見、これにより教皇権は強まったかに見えるのですが、てしまったのです。フランス王と神聖ローマ皇帝がヨーロッパ世俗君主の2強であったのが、この大空位時代によりそのバランスが崩れ、圧倒的にフランス王が強力になっフランス国内の聖職者たちも国内の聖職者の人事は教皇の命令を受けず自分たちで決定したいと考えていたため、過半がフランス王を支持したのです。方、教皇はヨーロッパ的権威を持ちながらも実際は、イタリア内、そしてローマ内の貴族の勢力争いに強く影響を受ける不安定な立場でもありました。それを利用してフランス王臣下のギョーム·ド·ノガレがローマの貴族コロンナ家と協力して教皇を捕らえたのがアナーニ事件です。

 

ヨーロッパを代表する金融の一大中心地だった

ラファエッロも後にローマで、師匠とよく似た分業制による大工房を逕箏るようになるが、若い頃には大いに物足りなさを感じていただろうことは想像に難くなぃ。ちょうどその頃、ペルージャの城壁の外では、新しい潮流が半島中を席巻していた。レオナルドがミラノで最後の晩を描き、観る者すべてに驚嘆の声をあげさせ、ローマではミケランジェロが〈ピエタ>の制作に着手していた。一七歳ではやくも親方となっていたラファエッロは、その穏やかで美しい顔の下に、果てしもない野望を秘めて、フィレンツェやローマを目指して街を去っていった。一方、ペルージャに残ったペルジーノは、外界の激動など無関係であるかのように、ひたすら優美で穏やかな作品を作り続けた。

トリノを発射し、到着時間を計測するという実験が行われたところである胸のすくような山岳風景や美しい石灰岩の山肌を飽きずに眺めながら車は東へとひたすら走ったいや、まったく無関心であったわけではなく、ミケランジェロの作品を見学に行ったこともあった。しかし、あわれペルジーノは、口の悪いミケランジェロから「おまえの作品は“野暮ったい(goffo.」と公衆の面前で嘲笑されたとヴァザーリが『列伝』に書いている。かつて愛した弟子は、遠い都で当代一の画家となっていた。しかしラファエッロはその絶頂時に、わずか三七歳で夭逝してしまう。ペルージャには、弟子の作品がたった1点残されていた。

イタリアのセリエAは8月下旬から9月初めにシーズンが始まり、翌年5月までホームとアウェイの38試合が行われますつまりホームで行われるのは各チーム19試合
ローマ帝国滅亡後、北へ逃げた人々がロシアにキリスト教を広め、ロシアモスクワにあります聖ワシリイ大聖堂はロシア正教会の聖地ロシア正教会となり、ロシアにもビザンツ様式の教会を見ることができるようになるのです

イタリアでも国営のRA-三局の他に民間大手が数局、それ以外に地元の中小局がそれこそ数限りなくある

盗難に対抗するため、ステレオは取り外し式になっており、表面のパネルが外れるものもある。もっと新しいものは取り外しが出来ないが、一旦取り外してしまうと決められた暗証番号を入力しないと作動しないというもの。これでもやられるときはやられるから、車に取り付ける盗難防止警報器も一般的である(これが誤作動が多く、あちこちでピーピー鳴っていても誰も気にしないので果たして効果があるのかと思う位だが、盗む方にしてみれば警報がついているだけで、心理的な抑制効果はあるのだろう)。最近の新手(且つ荒手)としては駐車している車のタイヤをパンクさせ、持ち主が修理などしている間に、車に置いた貴重品を頂いてしまう輩がいる。中には何人かでぐるになって、一人がタイヤ交換など手伝っている隙に仲間が車内に置いたバッグなど持ち去るなど手の込んだ手口もあるから油断できない次によくあるケースは、駅·列車内·ホテルのロビー等で良く発生する手荷物を狙った置き引きや、観光客の集まる場所での浮浪者らしき子どもたちによる引ったくり、などである。イタリアを楽しむサッカー観戦すれば


ヴェネツィア特有のテラスに座り、中央に穴のあいたつば広の帽子をかぶって、灰やワインの澱からなる溶剤を塗っては日光に頭髪を長時間さらして脱色する女性たちの姿が見うけられた

これらの場合、日本人旅行者は絶好のターゲットとなると思っていれば間違いない。日本人は現金を持ち歩く(しかもこのところの円高もあって、日本人の金銭感覚が他国人と大きくずれており、日本人にとっては、ほんのはした金が、欧州では,般人の一ヶ月分の給料ということはざらである)、またグループ·団体で行動するのでよく目立つということも狙われる理由としてあげられるだろう。一人でいる場合は結構緊張して自分の荷物には細心の注意を払っていても、四人、五人となるとどうしてもどこかに隙が出来てしまうのだろうか、ミラノでは最も危ないと思われる中央駅でいとも簡単に被害に遭うグループ客が多い。私が列車でフィレンツェに出張した時のこと。ミラノ中央駅で出発前の車中で11列ほど離れた席に座ろうとしたイタリア人ビジネスマンが、座席の上に置いておいたバッグがなくなったと騒ぎだし、軽機関銃を下げてホームを巡回している警官が事情聴取に乗り込んできた。

Published inお土産イタリアミラノローマ