Skip to content

イタリア人の若者の名前がいくつも刻み込まれた石板が城壁に墓銘碑のようにはめ込まれていた

ローマとアドリア海とを連絡する結節点の役割を果たしていた

ヴェネツィア遊廓の詩人なんと甘美で、ここちよいものなのでしょう

純粋に古代ローマの伝統を守り、ほぼ直角に交差する直線の大通りによって規則的に区切られ、通りの両側には家と店があり、建造物は石でできています。居酒屋のメニューも残っていて、こう記されているのです。計画的に設計された町です。「お客様へ、私どもは台所に鶏肉、魚、豚、孔雀などを用意してあります。と79年の爆発のときに発生した火砕流の速度は時速100km以上であり市民は到底逃げることはできず、一瞬のうちに全員が生き埋めになりました。

情熱の国スペインのお土産と言えばこちら

ラクイラ県にあったことは、町の発展を知る上で重要なこと

後に発掘されたときには遺体部分だけが腐ってなくなり、火山灰の中に空洞ができていたのです。考古学者たちはここに石膏を流し込み、逃げまどうポンペイ市民が死んだときの形を再現しました。母親が子供を覆い隠し、襲い来る火砕流から子供だけでも守ろうとした様子も、飼われていた犬がもだえ苦しむ様子も生々しく再現されたのです。この様子は火砕流が一瞬にしてポンペイ市を埋め尽くしたことを示しています。町は、1世紀の古代ローマ人たちの生きた生活の様子をそのまま伝えています。

 

イタリアの列車の種類について

これと言った工業がある訳ではないし、ローマというところが、とにかく消費一辺倒の都市であるのは厳然たる事実であろう。それにしても、この観光資源たるや大したものである。二千年の昔から営々と祖先が築き上げた建物や教会が今や世界中の観光客を引きつけているのだから。極端に言えば、何もせずにただ黙って座っているだけで、世界中から人が来て勝手にお金を落としていってくれるという訳だ。言うなれば、配当収入で食べているようなもので、ヘたに努力をして何か新しいことを始め、元も子もなくすことを考えれば遥かに安全な生き方と言える。

シエナやフィレンツェの大聖堂で見たことがあるが、この配色と複雑な幾何学模様の組み合わせは初めてだった私達がローマを訪れた時期は春の観光シーズンの真っ盛りとあって、町を歩けばすれ違うのは外国人ばかり。米·英·独·仏·日本·韓国と多彩だ。こちらもイタリアに住んで大分勝手が判って来ているので、食事の時も如何にも観光客向けのレストランは避け、裏通りの地味なトラッテリアに行って見たが、ここも外国人こそ少ないが今度はイタリア各地から来ている観光客ばかり。従って、ローマ人の姿は余り見ていないのだが、どうもローマの人達は他のイタリア人と比べて何だかイージー·ゴーイングに見えて仕方がない。これだけの観光客が季節を問わず来訪するのに、他のイタリアの観光地と比べても対応するソフト·ハード共にお粗末である。

ミラノ市内のタクシーが全てストのこともあった
ローマ教皇たちも、政争の続く

ペルージャ、アンコナ、イモラ等

「恋の話は遠い昔々のことです。二三歳の時、再び大学生活に戻ると、自由を手に入れたと思い込みました。がむしゃらに勉強してきて、息が切れてしまったのかもしれません。私は初めて女性に恋をしました。彼女も私を愛してくれました。ミラノから百五十キロほど東のマントバに本社をおく


ローマ帝国がイタリア語

いやそう思っていただけだったのかもしれません。美しいフランチェスカ-ナは私以外の男ともつきあっていたのです。どちらをとるのか迫ったときに激しい口論となり、私はカッとなって彼女に暴力をふるいました。そのとき一四か所もの傷を与えてしまったのです。ただ彼女に一途だったからでした。

Published inお土産イタリアミラノローマ