子供の人格をけなすような言葉はタブーです。

子どもの前に示さなければなりません。

子どもの心にもやがて生じてくる。
もちろん、その人の人間性を見るために面接もしますけれど、まずその必要条件としては、それだけの評価の人が来てくださいとなる。
そこでその人の希望も聞き、こっちの考え方も聞いてもらって、お互いに話が合えば入社していただきましょう、というふうにしたらいいんです。大学を卒業するとかしないではなくて、ある授業を受けて、ある評価を受けたらそれでいいということにする。
社会がそういう人を望んだら、は、絶対理想だと思ってます。
その人は就職もできるし、そして自分で経営もしたらいい。
それが私
言うべきことを言う
これも小さいときの教育
近代西洋文明というものに完全に限界が来たと思うんです。

人間は動物です。その本能を考えても、家族や先祖の問題は落ちつくところへ落ちつくと思いますただ本質は同じでも、方法は時代の中で変化するかも知れません。
それよりも教育では、自分の個性を伸ばし、好きなことを持続し、しなければ、日本はますます元気をなくします。
世界で立派に通用する能力を育成世界的能力者もお金で実力を評価されている場合が多くあるわけですから、子どもたちもどうぞ私
を、お金で評価してください
というぐらいの自負心を持って欲しいのです。

子どもがよく

教育改革なくして日本の再生はない

大学入試は入りたい
を制したらダメ教員免状の与え方とか、学習の機会を広げるような校長の自由裁量枠の拡大などが、教育改革の具体策として論議されているようですが、なんといっても大学入試を含む大学そのものが根本から変わらない限り、真の教育改革につながらないというのが実体だと思います。
しかし、近未来の教育の一つのありようはというと、まず私は大学入試の考え方が、根本的に入りたいという人を制していてはダメだと思うのです。要するに、やりたいと思う人は受け入れるということ。世の中では、自分はこうやりたいと思っても、なかなかできないものが多いけれど、教育はその人がこういう勉強をしたいと思ったら、もっと解放してあげないといけない。

勉強の仕方


子どもの進路に関して練習スタジオで子供の成長を見守るそうすると、とにかく自分でカリキュラムをつくって、自分なりに勉強をする。次に資格の問題なんですが、資格の欲しい人は、こういうことに関して自分はこういう能力がありますという、たった一つの科目でいいから、その評価表をもらったらいい。
ですから企業の場合、例えば技術屋が欲しいとしたら、物理と化学と数学のこういう資格を持った人が欲しい。英語なら、語学がどれだけの評価がある人だったら、うちの会社はもらいますよということを明確にする。

育てたらいいのか。

もちろん、その人の人間性を見るために面接もしますけれど、まずその必要条件としては、それだけの評価の人が来てくださいとなる。
そこでその人の希望も聞き、こっちの考え方も聞いてもらって、お互いに話が合えば入社していただきましょう、というふうにしたらいいんです。大学を卒業するとかしないではなくて、ある授業を受けて、ある評価を受けたらそれでいいということにする。
社会がそういう人を望んだら、は、絶対理想だと思ってます。
その人は就職もできるし、そして自分で経営もしたらいい。
それが私
言うべきことを言う
これも小さいときの教育
近代西洋文明というものに完全に限界が来たと思うんです。

子ども一人一人の顔を思い浮かべて


学習内容を全部マスターして
主義というのは資本主義が前提ですからには致命的な欠陥が二つあるんですこれは弱肉強食ですから、私は、体制としての自由主義経済
自由弱いやつはますます弱くなって、強いやつはますその一つは、ます強くなる富の偏在。
せっさたくま力が拮抗しているときはすごくいいんです、お互いに切砭ー磨するから。それが明らかに、例えば日本とソマリア共和国が自動車を造り合ったとしたら、どっちが勝つかって、そんなことはやる前から勝負が決まってるでしょう。そこに自由主義というのは何ら益することはない。勝負は決まってるんだから。自由主義というのは何の救いでもないんです。
それからもう一つは、ティテーゼなんです地球環境問題。
地球環境の保護については、資本主義というのはまったくアンというのは、いろいろな理屈があるけれども、資本主義とはたくさんつくってたくさん売るということなんです。

小学校六年生三十四人

その回転が大きければ大きいほど、速ければ速いほどいいんです。ということは、地球の資源とエネルギーをたくさん使うということ。そして消費するということは、廃棄するということですから、またエネルギーと資源が要る。地球環境というものについては、近代資本主義は完全にネガティブなんですですから、その問題に対しては、どんなにえらい学者といえども答えがないんです。そういう問題が資本主義にはあるんですよ、ということを教育しなければならない。その問題を、すぐにどうしろと言っても、それはものすごく難しい。いま日本は、経済状況が非常に悪いと言っていますけれど、不況打開の方策として言っているのは
消費を増やせってことでしょう。消費を増やせというのは、地球環境を悪くしろと言ってることなんです、はっきりと。
私は、アメリカを決して好きではないが、京都議定書にサインできないと言ったと聞いて、アメリカは正直だと思った。


練習スタジオで子供の成長を見守る 子供たちは浩宮様であろうと誰であろう 中学の五年で習うのです